読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スクリプト言語のゲームへの組み込み

Groovyとか触っていると、そろそろちょっとしたミニゲームだけじゃなくて、Windows上で動くスタンドアローンのゲームを作る際でもスクリプト言語を導入したくなってみたりするのだが、はたしてそうすることでなにか利点はあるのだろうか。

特にD言語を使っている身だと、D言語にはスクリプト言語風なシンタックスシュガー満載なせいもあって、わざわざスクリプト言語を導入するモチベーションがかなり低くなる。スクリプト言語コンパイル不要というメリットも、D言語の爆速コンパイルの前ではないも同然だ。

ゲームにおいてスクリプト言語を組み込む利点の一つとして、プレイヤーによる改造(いわゆるmod)がやりやすくなる、というのはあるだろう。ゲームの一部をスクリプトとしてプレイヤーに開放し、気に入らないところはプレイヤーに直してもらうという考え方だ。

ただそのようにスクリプトとしてゲームの一部を切り離すだけの手間をかける価値はあるのだろうか。特にちょっと遊んでお腹いっぱいになりがちなアクションとかシューティングだと、改造してまで遊ぼうという人はあまりいないだろう。プレイ時間は短いけど、システムを改造したくなるゲームってのはどうやったら作れるのかな。