読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物理エンジンMatter.jsをテキストでレンダリング

CRTっぽいテキスト画面をWebGLで作るLocatePrintを使って物理エンジンをレンダリングするというデモも作った。

consolephysics

物理エンジンMatter.jsを使っている。Matter.jsはもちろん自前のレンダラを持っているんだけどそれを他のレンダラで差し替えられる

差し替える独自レンダラはMatter.jsのRender.jsを参考に作れば良い。特にRender.bodyWireframes関数にボディの頂点を線でつなぐ一番単純な描画方法が実装されているので、これを真似るのが簡単だ。

デモのコードでは、頂点を線でつなぐ部分でテキストを書くようにした。画面をテキストの幅と高さ(40キャラ x 20キャラ)のグリッドに分割し、線とグリッドが交わるポイントをリストアップする。グリッド内の各キャラについて、それらポイントがどこにあるかに応じて書くテキストを変える。例えば上端右と下端左にポイントがあれば/、右端上と下端左にあればFという具合に。それらのパターンを全部配列で記述した。

後はボディごとに設定された色に従ってcolor, locate, printするだけ。昔ながらの画面で近代的な物理エンジンが動く妙な絵が作れる。楽しい。