読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XNAには大量のタイトルをハンドリングできるマーケットプレースが必須

XNAゲームのレビュープロセスではゲームの面白さはDon't careなので、プレイヤーが面白いゲームでちゃんと遊べるようにするには、配信先のマーケットプレースでのタイトル選択が快適にできることが必須だ。

少なくとも、現状のライブアーケードタイトル数くらいで、

Xbox Liveには*大量の*XBLAタイトルがあるようになりました。成績の思わしくないゲームを選別することで、実際にユーザーが本当に探している作品を見つけやすくなることでしょう。

なんてことを言っているようでは問題外だ。プレイヤーによるレーティングや、このゲームを遊んでる人はこんなゲームでも遊んでますというリコメンド、ゲームの特徴を分かりやすく示すタギングシステムなどを導入して、大量のゲームからプレイヤーが望むゲームを探せるようにする必要がある。これらを実現するのはなかなか大変だが、XNAから大量のタイトルが流入してもなんとかなるマーケットプレースを実現するためには避けられないと思われる。

これらの改善はXNAだけでなくてライブアーケード全体の改善にもつながるので、ぜひやって欲しいところだ。レーティング、リコメンド、タギングはベタすぎる改善なのでこれがベストかどうかは分からん。Steamだとすでにだいたい実現できてるらしいし。ゲームを対象にした場合の理想的な検索システムってのはどういったものになるんだろう。