読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーセンがつぶれるのはしょうがないとしてもアーケードゲームには生き残って欲しい

ゲーセンはこれからも減る一方だろうな。悲しいね。

ゲーセンが無くなって一番困るのは、100円入れて10分遊ぶという形態のアーケードゲームがなくなってしまうことだ。10時間かかるゲームをやるのもいいが、10分で手軽にやるゲームも捨てがたい。だが今のコンシューマ向けゲームでそういったゲームを作るのは無理だ。

今後そういった手軽ゲーを担うものとしては、XBLAなどのオンライン配信ゲーが本命だろうが、現状の1ゲーム800ゲイツポイントくらいの値段設定だとまだちょっと重い。しかも

the original downloadable console games for Xbox Live Arcade and the PlayStation Network are priced too inexpensively for creators

現状の値段設定でもデベロッパーにとっては安すぎて厳しいらしい。まあよくよく考えればアーケードゲームでも総計ではもっと払うことになるし、XBLAには体験版もあるのでちょっと試すことはできるし、もうちょっと値段を高くしたとしても問題はないのだが。100円をちびちび払い続けるか1000円を一気に払うかの精神的な障壁の違いだけだな。

あとはFlashゲー+広告とかにも期待が集まるわけだが、Flashゲーは操作に難があるからなあ。とりあえずXbox Live上で360コントローラで遊べるFlash9ゲーが配信できるしくみ、とか作ってくれないかな。MSがFlashはありえないからSilverlightか。いやそういったことを本来担うべきなのがXNAなのだが。