読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2Dシューティングとしての矜持を保てる見下ろし角

最近は2Dシューティングを作るときでも、描画自体はXY平面上に3DでやってZ軸方向から見下ろすように作るほうが簡単なことも多い。世の中の多くの描画用APIが3Dに特化してるからね。

なので視点をちょっとずらして、XY平面を斜めにしてやればすぐに3Dっぽい見た目のシューティングにできる。いわゆるレイストーム視点の縦シューだ。

視線を倒せば倒すほど、より奥まで見えるようになることで、絵面としての迫力は増す。ただある程度以上に倒しこんでしまうと、こんどは別の問題が出てくる。

  • 敵弾と自機の位置把握が難しくなり弾が避け難くなる

斜めから見た絵だと、敵弾がどの方向から飛んできているかが分かりにくくなるので、避けるのが難しくなる。雷電IVは背景だけにパースをかけた結果、弾が微妙にスクロールにひっぱられるように見えた。背景だけでなくて敵弾のいる平面を斜めにするとより把握は難しくなる。

  • 見た目の整合性

スターフォース以降のZ軸を無視してすべての高さの敵にヒットするとんでもメインショットを採用している場合、斜めから見た場合の見た目の整合性はひどいことになる。

なので視点をどの辺まで倒しこんでも大丈夫かというところは調整が難しい。今作っているものはラジアンで0.5だから29度か。これでも見た目にはだいぶ倒しているように見える。これ以上倒すとたぶんやばい。と思うのだが確信は持てん。まあ少しずつ調整しよう。