読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジュアルシューティングゲームへの道

IGDA Casual Games SIGが出した2006年版カジュアルゲーム白書。カジュアルゲーム産業の概要からビジネスモデル、デザイン、テクノロジなどに関して幅広く記してあり、面白いが、分量が多すぎ。つまみ読みしないとやってられん。

興味深いのは、やっぱりゲームデザインに関する内容だね。

カジュアルゲームのキーデザインの項を読んでいくと、我々が作っているようなフリーゲームと共通することろもあれば違っているところも多い。

Depth & Complexity
An important issue is the complexity of games. Considering the normal play periods of casual games (short) and the game experience of the average players (limited), it is not appropriate for casual games to have wildly complex systems that require careful, constant attention and deep strategic thinking.

It is also important to keep in mind that many of the tropes that hardcore gamers have internalized are not part of many casual players' vocabularies. This means that what may seem standard conventions to gamers (e.g. asdw for movement, smashing crates to get health) will be lost on a large part of the Web and Downloadable game audience.

WASD操作(ここではasdwって書いてあるな)のようなゲーマーの慣例は多くの人には通じない、とか、

Forgiving Game Play
Casual games should be very forgiving, particularly in the early part of the game.

Consider that the majority of this audience prefers games such as Bejeweled Easy Mode, which is very difficult to lose unintentionally.

多くの人はBejeweledのイージーモードのような普通にやってたら死ねないゲームを好むことを頭に入れときな、とか、ゲーオタの常識から外れたアドバイスが並ぶ。「WASDキーとショットボタンで自機を操作して弾幕をよけるだけの簡単操作!」とかいうゲームは、上の2つにまったく反していて、まったくカジュアルでないゲームなわけだ。いやシューティングがカジュアルゲームじゃないのはよく分かっていますがね。

でも、Game Mechanicsの項に並んでいるgame play styleを見ると、パズルゲームに混じってBreakoutクローンやアーケードゲームもちゃんと顔を出しているので、注意深く作ればカジュアルなシューティングもできるのかもしれない。キーデザインの項をそのまま鵜呑みにすると、こんなところが要件か。

  • シンプルなルール
  • インタラクティブできわめて親切なチュートリアル
  • 簡単操作、できればマウス
  • 大量のボーナスポイント、コンボ
  • 分かりやすくてでっかいスコア表示
  • そう簡単に死なない自機
  • 'キュート'なビジュアル
  • よくできた物語とキャラクター
  • ゲームを盛り上げる音楽とSE

要するにめったに死なないし簡単にばりばり敵を壊せてコンボボーナスでうはうは!っていうシューティングか。昨今のシューターにはまったく訴求しそうにありませんな。昔のゲームで言うと、なんだ?スターソルジャーとかか?スターソルジャースターソルジャーで敵の飛行曲線とかが結構えげつないからなあ。そこをなんとかする必要があるな。

そうなると、スターソルジャーのえげつない部分、トリッキーな飛行曲線とかトラップゾーンとか誘導弾とかを除いた上で、強力なシールドと新たなボーナスフィーチャーをてんこ盛りにした新生スターソルジャー、プラス、キュートなグラフィックスと感動的なストーリーと魅力的なキャラクターとすばらしい音楽、これが次の世代を担うカジュアルシューティングゲームだ!っていう結論でよろしいか?よくないよなあ。キーデザインの中でもどのポイントが重要なのかを、もうちょっと考えないと。