読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xbox Live Arcadeのラインナップがなかなか増えない理由

Xbox 360のLive Arcadeは、ちょっとした時間で遊べるお手軽ゲームがネットワーク経由で簡単に手に入る、なかなか優れた仕組みなのだが、ここんところゲームのラインナップがあんまり増えてない。ユーザーとしては、もっとばんばん新しいゲームをリリースして欲しいところなのだが、いやいやそう簡単じゃないんだよというピーター・ムーアのコメント。

Here's what happened - people didn't believe that Arcade was going to fly.

And we released it and it blew the doors down. Now all of a sudden we're in this phase where Sega, Namco, Konami, Midway... they want some of that.

要するに始まる前は多くのパブリッシャがLive Aracadeに懐疑的だったんで、今のところラインナップが停滞しているけど、始まってからはなかなかうまく回って、最近だとセガとかナムコとかコナミとかミッドウェイとかも結構乗り気なので、これからはいけまっせ、でも

But we do have an important quality bar in place

クオリティコントロールはちゃんとするよ、っていう内容。これを素直に信じれば、今後はタイトルがどんどん増えるかね。あとローカライズしなくてもいいから、英語版のゲームも日本から買えるようにしてくれませんかね。日本市場捨ててるなら、せめてあらゆる洋ゲーをそのまま遊べるコンソールになって欲しいぞ。

あとはセガとかナムコとかが、移植物だけでなくてLive Arcade用オリジナルコンテンツを作ってくれるとうれしいんだけど。せめて昔のゲームのアレンジ版くらいなんとかならんか。メトロクロス3D/Gとかスカイキッド3D/Gとか……いや3D/Gはやっぱりいらないや。サンダーセプター2Dとか。