読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンソールゲームを百年間保存することはできるのか

この前の飲み会の時に、ゲームは本と違って百年間とかいうスパンで保存することがほとんど不可能なのが悲しいよね、とかいう話題があった。原因は主に3つ。ゲームを動かすコンソールが無くなってしまうこと、ゲームを保持するメディア自体が劣化して読めなくなること、あと権利関係。

Of course, unlike say, The Underdogs, the Internet Archive is an incorporated non-profit, and can't do anything that even arguably violates copyright. Consequently, though they'll be archiving the code, they won't be making it available for download--except in cases where they have specific waivers from the rights owners.

ゲームを保存する取り組みは、現状、The Underdogs(http://www.the-underdogs.org/)のような草の根の保存サイトがあるだけで、権利関係までを完全にクリアした代表ポータルのようなものは存在しない。

However, emulation alone doesn't let you play games; you also need copies of the games. With CD-based games, it's fairly easy to simply play existing copies in a computer's CD-ROM drive. With cartridge-based games, however, special hardware must be used to extract the bytes. Worse, the same legislation that (probably legitimately) bans the creation of "backups" of games (used mostly for piracy, frankly) probably also bans these.

コンソールのハード自体が動かなくなってしまうことは、エミュレータ下位互換性のあるハードである程度カバーできるが、ROMの権利関係はいかんともしがたい。ゲーム会社が権利を放棄する積極的な理由はなにもないからね。

一応国内でもゲームを保存しようという動きはあるらしいが、具体的な成果はまだあまりなさそう。一朝一夕にはできそうにないね。